但馬の原始

1/3ページ

最初の但馬人

時代 ジャンル 旧石器 縄文 弥生 古墳 古代 中世 近世 近現代 銅鐸 古墳 神社 城 歴史遺産 地名地誌 人物 書庫   最初の但馬人(たじまじん) 但馬で最も古くから人がいたのはどこだろう。 現時点では、兵庫県と鳥取県境で氷ノ山の北、扇の山の東、兵庫県美方郡新温泉町畑ヶ平旧石器遺跡である。旧石器時代後期、同じく新温泉町海上東尾の上山旧石器遺跡と家野遺跡(旧石器/縄文集落跡)養父市別 […]

(4) 文明の発生

  • 2009.08.28

約1万年前に氷河時代が終わると、地球は気候の変化によって植物の分布が変わり、大型動物も減っていきました。こうした環境変化の中で、人々は、植物を栽培したり、動物を育てるようになり、農耕・牧畜が始まりました。また、表面をみがいて性能を高めた磨製石器を用いるようになり、火を使って土器をつくるようになりました(新石器時代)。 文明の発生 道具 約5000年から3500年前、エジプト、メソポタミア、インド、 […]

【縄文】(3) 縄文人はグルメ

  • 2009.08.27

縄文人 このころ、南方からも日本人の祖先となる人々がやってきました。東南アジアに住み着いた人々は、島から島へ丸木船で移動する航海術を身につけました。一部の人々は海洋民族として太平洋に広がり、ポリネシア(概ねハワイ諸島・ニュージーランド・イースター島を結んだ三角形「ポリネシアン・トライアングル」の中にある諸島の総称。)へ移住しました。やがて人々は黒潮(日本海流)に乗って日本列島にたどり着きました。ア […]

弥生6 奴国誕生

歴史。その真実から何かを学び、成長していく。 [catlist categorypage=”yes”] 奴国誕生 2.九州北部「奴国誕生」 1世紀ころ、百余国もあった日本列島の国(といっても西日本の一部であろうが)の中で、スサノオ族を中心に結束した九州北部の「奴国」が、徐々に頭角を現してきたのです。現在の博多付近に存在したと推定されています。 スサノオ尊の建国した国は、まだ中央集権国家ではなく、豪 […]

1 3