出雲神政国家連合

1/3ページ

弥生5 古代出雲(いずも)

  • 2002.04.29

歴史。その真実から何かを学び、成長していく。 弥生 イメーカラー:萱草色(かんぞういろ:#f8b862) [catlist id=20 orderby=title order=asc][catlist id=20 orderby=title order=asc] 古代出雲(いずも) 概 要 目 次 古代出雲(いずも) 朝鮮半島の最初の国家  出雲は神政国家連合体を形成した痕跡があり、北陸、関東、九 […]

【出雲神政国家連合】 一宮にみる日本海勢力図

  • 2010.02.23

弥生時代に繁栄を支えた潟湖 山陰地方の古代に繁栄したところは、潟湖や湾であること、温泉があることが多いことに関心を持っていた。元同志社大学教授の森浩一氏は、環日本海地方は「潟」を中心として古代文化が栄えた、という説を述べています。 恵美嘉樹氏『全国「一の宮」徹底ガイド』によると、 弥生時代に山陰地方は日本有数の豊かな地だった。それを経済的に支えたのが無数の潟湖だった。いまよりずっと温暖だった縄文時 […]

【出雲神政国家連合】 山陰の弥生時代を塗り替えた鳥取県の歴史

  • 2010.02.23

『「出雲抹殺」の謎』関裕二氏 近年、考古学史上の最大級の発見が相次いだ。吉野ヶ里遺跡(佐賀県)や三内丸山遺跡(青森県)などがよく知られている。だが、日本海側の出雲では西谷古墳群についで、荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡などの大発見は、古代出雲王国が実在した可能性を浴びているが、鳥取県でも二つの遺跡、青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町青谷)と妻木晩田遺跡(米子市淀江町・大山町)の発見も同等かあるいはそれ以上の意味 […]

【出雲神政国家連合】 物部氏の謎1.幻の神政国家“出雲”

  • 2010.02.20

物部氏の謎 神武東征の謎: 「出雲神話」の裏に隠された真相 著者: 関裕二 幻の神政国家“出雲”三百九十九社の三つの時期 399社のうちの184社が、神祇官の神社台帳に登録された政府公認の神社であったことを意味する。そのような政府公認の神社は、「式内社」とよばれる。それは、延長五(927)年に完成された『延喜式』の中の、神祇官に関する規定に盛り込まれた「神名帳(じんみょうちょう)」に登録されたこと […]

1 3